idol life

AKB48総選挙を受けて、アイドルと物語について考えてみたよ・・・!!

更新日:

総選挙が終わった後は本当に放心しており、日曜日は殆ど生産的なことはできませんでした。こんにちは!週末アイドル赤穂(@asnatch)です!総選挙の後から急激に体調が悪くなるという、デブなのに虚弱な私をフォロワーの皆様に見せつけました。こんにちは!

ということで、総選挙、まさかの速報から揺らがず、指原が一位という、センターという結果に終わったわけですが、正直私は愕然としました。今回の総選挙、私の一推しだった河西智美ちゃんは卒業、二推しの秋元才加ちゃんは卒業発表のため立候補せずという、自分のはっきりとした推しがいない中での開催だったのですが、それでも何でも楽しめた。
やっぱりこの期間は笑顔が見たいメンバーのために、嫌な言い方ですけど私はお金を使って、投票をして、速報では一喜一憂…おもに一憂ばかりして、握手会に行き、応援してるね!って声をかけたりして、本当に楽しい期間を過ごせました。

そして8日のAKBフェスティバル、私は悲しいかな北の二階席というメインステージからガチで遠い場所だったんですけど、だからこそ、人の動きがすごくよく見えて面白かった。
日産スタジアム、野外のライブでサイリウムはどうしたら、という疑問には、入場と一緒にピンクの旗が全員に渡され、それをぱたぱたと振って応援するという、それだけ聞くと牧歌的にはなるのですが、後ろから見ていたら最高にテンションが上がる光景が広がってました。だって、みんながアイドルに向かって、同じ旗振ってるんだよ…!!すごい…!!

そして総選挙、まぁ自分の応援してたこのことは置いておいて、本当にさしこすげえな。と。私は本当にさしこすげえな、と思ったの二度目なんですけど(一位はスキャンダル勃発からの指祭り)まさか、速報から順位を落とさずに一位のまま走っていくとは思いませんでした。
今迄の「前田敦子と大島優子の確執」とか「正統派アイドルまゆゆ」というのとはちがって、これ、あまりにも衝撃すぎてわすれちゃったんですけど、木佐アナウンサーのさしこの紹介がとんでもなかった。これ、インターネットもぐもぐのはるなちゃんもかいてたんだけど、「かわいさとはなんなのか」までいわれてて、篠田さんの卒業発表と優子が二位のショックもあったんだけど、おい、これはとんでもないことが起こってしまったんだとじわじわ指原がマイクの前にたって、スピーチを始めて、上からぞろぞろアリーナを出ていくお客さんを見て実感がわいてきた。
そのあと思い出したのは、NHK連続テレビ小説、あまちゃんのなかで橋本愛ちゃんが言ってた台詞。

「アイドルってね、可愛いだけじゃ駄目なの。可愛いだけの子なんて掃いて捨てるほど居るの! 可愛いだけの子を可愛くない子が追い抜いていく世界なの。」

現実で、起こってしまった…!!

最後に自分の前を通る指原のトロリーを見てから体調のために会場を後にしたんだけど、トロリーが近くに来るのに振られないサイリウム、手も振れない、そして一回もあの椅子に座れない指原にやきもきした。本当にただ一人の女の子みたくてどきどきした。そして帰り道、隣を歩いていたファンが「篠田さんの卒業もそうですけど、きょうでがらっとAKBは変わりますよ。明日の新聞即買ってください」って電話の向こうの人に話をしていて、ちょっと笑ってしまったのでした。変わるのは、AKBだけだ。

正直、指原が一位っていうことに私は納得をせざるを得ない祝福せざるを得ない。というか、あれだけのストーリーとドラマがあるあんな姿勢の悪い女の子いないって思っているんです。がんばり、とかももちろんあるし、ほかのメンバーががんばっていないわけではないし、ストーリーもドラマもないわけじゃない。昨日ツイッターでもにょっとつぶやいたんですけど、

仕事でコピーとか、文章書いてたときに学んだことは、ストーリーと共感が大切ということ。それがなんか今回のAKBの総選挙では感じられた。
@asnatch
赤穂

ストーリーの有る無し、でヲタじゃない一般人でもわかる簡単なストーリーを提供したさしこ。そしてそのストーリーがまだ続いてるのが怖い。よく言う、王子様と幸せにすごしましたとさ、めでたしめでたし、の後がこれからさしこには来る。
@asnatch
赤穂

まとまりきれてないままツイッターに上げてしまって少々恥ずかしいんですけれど、元アイドルオタクで、どっちかというと「こちら側」の人間であるさしこが、去年の総選挙で4位になっただけでもすごいと思うんですけど、そこからの一年がすっごいドラマだったと思うんですよ。
いきなりの文春スキャンダル、そしてHKTへ飛ばされて、それを笑っていいともでいじられ、指祭りはきちんと開催して、さらにそのスキャンダルを一般の人が見る場で笑いに昇華させてしまい、尚且つ日々テレビに出続けて最終的にはHKTの劇場支配人の兼任を行うという。なんという強メンタル…いや、メンタルだけじゃないけど一般の人に向けたストーリーがほかのメンバーに比べて最高に出来上がってると思うんですよ。だってみんな這い上がってくるの好きじゃん?

そしてさしこが怖いのは、まだこれが物語の途中であるということ。普通だったら物語っていうのは、王子様が御姫様を助けました。めでたしめでたし、で終わるんだけど、そこにあたる「総選挙で一位を取りました」でさしこの物語は終わらない。これは物語の中盤でもなくて、下手したらスタートなんじゃないかと思っています。だってすごいじゃん。「指原センター」の曲なんて想像がつかない。ブリブリのアイドル曲が来ても、コミカルなものが来ても「指原だもんね」でいけちゃうんですよ。これマジ凄くない?
正直今年のHKTの武道館公演をみて、本当にいいグループにしたなぁって思うし、今回もみおちゃん、める、児玉ちゃん、そしてさくらたんの総選挙入りは震えました。このままHKTの支配人としてまじで頑張ってほしい。HKTはこれからも追いかけたい!!

ということを考えて、私は多分秋元さんの卒業を見終えて、AKBの現場をあがろうと思います。お疲れ様でした。すごい楽しい日々だった。河西さんが出る何か、秋元さんが出る何か、そしてめーたんが出るなにか、あとHKTのなにかには行きたいと思っています。
もちろん指原が原因じゃないよ。指原ははてなの星だし!!とだだだーっと書き終えたので赤穂は眠ります。おやすみなさいませ。

追記:やっぱり祭りは続いてる…!!すんごいエンターテイメントが続く…!!そして秋元さん卒業の日を早く教えてくださいください…!!!

AKB48「お台場合衆国」テーマソングは指原センター曲 http://t.co/nns7Vjnm6Z
@natalie_mu
音楽ニュースサイト ナタリー



-idol, life

Copyright© ハニカムログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.