book*movie

パシフィック・リムを見てきたよ最高&最高だったよ…!!(続きを読むはネタバレ??)

投稿日:

好きなメカは…今はエウレカセブンのデビルフィッシュかなぁ…?こんにちは!ロボやらメカやらが大好きな赤穂(@asnatch)です。一度話を振ってみてくださいちょっと気持ち悪いですよ!

017_main
ということでね。最高だから見て欲しい、といろんな人に言われて、とどめに高校時代の後輩から詳細をきき、これは見なくてはいけないだろう…!!と思った翌日、早速3D吹替えにて見てきましたパシフィック・リム!!

タイトルにも書いたけどマジで最高&最高でした。
とりあえず、ネタバレにならないような感想後、ネタバレになりそうな感想を書こうと思っています。

見終わった直後の感想はこんな

とりあえずこれがあらすじ

2013年8月11日、太平洋の深海の裂け目から超高層ビル並の巨体をもった怪物が突如出現し、サンフランシスコ湾を襲撃。「KAIJU」と名付けられたその怪物によって、わずか6日間で3つの都市が壊滅する。人類は存亡をかけて団結し、環太平洋沿岸(パシフィック・リム)諸国は英知を結集して人型巨大兵器「イェーガー」を開発。KAIJUとの戦いに乗り出す。それから10年が過ぎ、人類とKAIJUの戦いは続いていたが、かつてKAIJUにより兄を亡くし、失意のどん底にいたイェーガーのパイロット、ローリーは再び立ち上がることを決意。日本人研究者のマコ・モリとコンビを組み、旧型イェーガーのジプシー・デンジャーを修復する。

最初の戦いまでの間に、どれだけの興奮があったか、正直いろんな燃えだったり萌えが詰まりすぎていてなんていうか、もう震えました。
イェーガーに乗る為のスーツ、イェーガーを操縦するのは一人では負担が多すぎるから二人で、しかもその二人はドリフトと呼ばれる神経回路装置で記憶を共有する…!!最高すぎる。性的興奮すら覚える。
正直、説明不足なところはあると思います。そして、説明不足じゃなくても、もっともっとおいかけたいところは多い。私はジプシーデンジャー以外のイェーガーももっと見たかったしそれぞれがどんな戦い方をするのか、もっと見たかった。

いやほんと最高だったよ…。監督の好きなものが最高につまってたわ。

というわけで以下ネタバレ?というか続きはわたしの燃えどころ笑いどころです。

018_l_large

  • KAIJUが2体出てきたときの戦い方
    おいおいおい、ほかのメカそんな弱いはずがない、と思ったのですが、個人的にぐっと来てしまって笑ってたのがイェーガーの戦い方。基本的に肉弾戦のような戦い方なんですよね。(多分他を読むに、チェルノもそうなんだろうと思うんですけど)なぐる。とりあえず殴る。そしてKAIJUが二体でた時、ジプシーデンジャーはおもむろにコンテナをつかんでKAIJUを殴るんです。それってあれじゃん?石とか10円玉握りしめて持って殴る感じでしょ?
    そのあと、街中に船をつかんできたジプシーデンジャー、もう釘バットをもってくるヤンキーにしか見えなかったですね最高です。
  • 芦田愛菜ちゃんのすごさ
    芦田愛菜ちゃんて、実はあんまり見てなくて、告白の映画で、あぁ末恐ろしいなくらいだったんですけどすっごい作り物も似合うんだなとおもってびっくりしました。あの作り物めいた廃墟の世界でひとり泣きながら歩く、ってすごい。すごいにあう。
    もちろん演技もいいですしそのあとの目の周りが真っ赤なところとか、あぁ…成長しないでいつまでも天使でいてくれないかなってちらっと思いますよね…・。
  • お約束&お約束
    芦田愛菜ちゃんがまぶしそうに見上げた先に立ってる人は!!とか、結局こいつらインディペンデンス・デイからなにもかわってねぇな、とおもう特攻精神とか、おいおいおいおいそんな武器今出すのもっと早く出しておいた方がいいんじゃないの!?とか、一緒に乗る相手はもちろん…!!とか怒涛のように先が読めてお約束でそれがまたかっこいいんです。そう、お約束なんですけど、やっぱりわたしはそのお約束に心が揺り動かされるんです…!!!

いや、しかし監督日本のそういうの大好きすぎだろ!!という感想で落ち着きますね。超楽しかった!!!!吹替えで見たんだけど、あぁ…あぁ…とおもう声優さんだらけでそれも楽しかったです。

パシフィック・リム (角川文庫)
アレックス・アーバイン
角川書店 (2013-07-25)
売り上げランキング: 374

原作読むか~

-book*movie

Copyright© ハニカムログ , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.